Meet Our Team

ジョン・リリアン

創設者&COO

ジョンはパリからSeedSprintのヨーロッパでの事業を管理しています。彼は20年前に彼のブティック、JH Lillian&Coのオフィスをパリに設立する際にパリに引っ越しました。同社の多くのプロジェクトの中、ジョンのチームはアウトベンチャリングと呼ばれる各企業の目的に合わなくなった技術の開発に新しい価値を見つける手法を見出しました。投資家のために企業のオープンイノベーションを合 理化する目的を元にSeedSprintは設立されました。ジョンは6ヶ国語話せるほか、科学と先端技術に興味があります。
また、彼は ニューヨーク大学のSternプログラムからMBAを、ジョージタウン大学からは言語と言語学の学士号を取得しています。
どちらも必ずしも真実ではありませ ん。技術の商業化の開始、

アヴィヴァ・リリアン

共同創設者&CEO

アヴィヴァはアメリカでの事業を管理し、アメリカを拠点とするチームを率いています。アヴィヴァはアメリカのクライアントとビジ ネス開発を担当しています。彼女はseedprintのメンバーが効率的に企業やスタートアップを探し、連絡がとれる事で、オープンイノベーションの業界でオンラインコミュネティの成長を目的としています。Seedprintを立ち上げる前はMerrill Lynchで財務アドバイザーとして、クライアントの投資ポートフォリオを管理していました。アヴィヴァはChartered FinancialAnalyst®であり、ダートマス大学で英語の学士号を取得しています。
の成長を目的としています。Seedprintを立ち上げる前はMerrill Lynchで財務アドバイザーとして、クライアントの投資ポートフォリオを管理していました。アヴィヴァは Chartered FinancialAnalyst®であり、ダートマス大学で英語の学士号を取得しています。続きを読む
どちらも必ずしも真実ではありませ ん。技術の商業化の開始、

サラ・エバーレ

マーケティング&ユーザーエンゲージメント
管理

サラはseedsprintのユーザーがプラット フォームについて知り、使うまでの案内をします。彼女はコロンビア大学で生物医学と科学史の学士号を、アルバートアインシュタイン医科大学では神経科学の修士号を取得しています。サラは八年間神経科学の研究をしていましたが、人の行動とユーザーデータの分析についての知識を活かすため、 マーケティングの役割に移り企業の成長を支援するようになりました。サラは特に神経科学と教育に関するイノベーションに興味があります。
ノベーションに興味があります。続きを読む
どちらも必ずしも真実ではありませ ん。技術の商業化の開始、

employs undergraduate STEM majors to research emerging technologies and dialogue with startups teams. Though passionate about national and corporate innovation strategy, he finds some time to write fiction, run competitively, and compose and perform pop music. Patrick has a BS in Biological Physics from Georgetown University, whose Institute for Soft Matter guided his research in sustainability- and technology-themed activities.

どちらも必ずしも真実ではありませ ん。技術の商業化の開始、

ナイドフ博士はライフサイエンスや製薬会社 の独立コンサルティング会社である InnovationAdventure、LLCの創設者です。ナ イドフ博士はプリンストン大学の企業エン ゲージメントを担当した経験もあり、以前は Merck Sharpe&Dohmeで契約管理の指導者 を十五年間務めていました。その他、ないド フ博士はワイドナー大学法学部健康保険法科 で法務博士の称号、テンプル大学歯学部で歯 科医学の称号、そしてクックカレッジで生物 学の学士号を取得しています。ペンシルバニ ア州医学大学では専門医学実習生として学ん でいました。
その他、ないド フ博士はワイドナー大学法学部健康保険法科 で法務博士の称号、テンプル大学歯学部で歯 科医学の称号、そしてクックカレッジで生物 学の学士号を取得しています。ペンシルバニ ア州医学大学では専門医学実習生として学ん でいました。
どちらも必ずしも真実ではありませ ん。技術の商業化の開始、

アドバイザー

レオポルド・デミデレール博士

アドバイザー

デミでレール博士は、ブリュッセル大学で物理化学の博士号を取得し、2000年から2011年までベルギーの製薬および化学グループであるSolvay、S.Aの「将来のビジネスと企業ベンチャー」の副会長を務めました。彼は1981年にソルベイに入社し、触媒研究から始まり、ポリエチレン、高性能材料、グローバルポリオレフィンなどの研究開発を引き入りました。彼は2000年に新事業開発ディレクターに任命されました。2004年から2011年までは様々なベンチャーファンドのアドバイザーとして務め、印刷方法による導電電極と燃料電池材料開発を推進するスタートアップのアドバイザーとして務めました。彼はEIRMA(European Industrial Research Management Association)の名誉会長でもあります。また、ジョージア工科大学、CEA-PFNC、そしてマンチェスタービジネススクールの委員会に所属しています。現在はブリュッセル大学で化学工業の改革を教えており、ジョージア工科大学でヨーロッパ開発担当ディレクターとして働き、McPhy Energyの委員会の会長を務めています。
with a global reach. He joined Solvay in 1981. Starting in catalyst research, he successively lead different R&D entities of the group – polyethylene, high performance materials, global polyolefin’s research – before being appointed New Business Development Director in 2000. From 2004 to 2011, he held the Solvay seat at the Advisory Boards of three Venture Funds (Pangaea II, Canada – Conduit Ventures Ltd, UK – KAM, Korea) and was an active Board member of a start-up in the field of printed electronics (Plextronics – Pittsburgh, USA) and of Solvicore (Hanau, Germany), a JV between Umicore and Solvay for the development of Fuel Cells Materials. He is Honorary President of EIRMA (European Industrial Research Management Association) where he served, from 2008 to 2013 as President of the Governing Board. From 2009 to 2014, he joined the Advisory Boards of Georgia Tech (Atlanta, USA), CEA-PFNC (Grenoble, France), and the Manchester Business School (UK). In 2009, Dr. Demiddeleer was appointed member of the Belgian Royal Academy for the Section Technology and Society. He currently teaches “Industrial Chemical Innovation“ at Brussels University, works with Georgia Tech as a Director for Development in Europe and Chairs the Board of McPhy Energy (Grenoble, France).
どちらも必ずしも真実ではありませ ん。技術の商業化の開始、

アダ・ゴゴリス, アドバイザー

アドバイザー

アダは化学エンジニアとして三十年間特許法に関する仕事をしました。現在はHueschen&Sageに所属しています。 アダは知的財産の専門家であり、大きな企業からスタートアップ、または研究機関など、複数の業界でクライアントがいます。彼女の製薬やバイオテクノロジー、食品、そして診断学の知識は知的財産戦略の構築に有利です。また、アダは複雑な実施許諾契約の交渉や特許審査戦略のサポートに精通しており、クライアントの紛争を解決します。アダの専門分野は生体分子、医薬品、診断薬などの特許に関する法的意見です。彼女はAutoImmune、ContraFect、Forest Labs、Institut de Myologie、Novartis、Novozymes、Purdue Frederic、NYU、Recordati、Sandoz、UPM-Kymmene、Zoetis、Sloan Ketteringなどの有名なブランドや会社を代表した経験があります。アダはコーネル大学で化学工学と法務学士の学位を取得しました。
with Hueschen & Sage. Adda is an intellectual property expert in multiple industry verticals, with clients ranging from Fortune 500 enterprises to startups, along with growth companies, and academic and research institutions. Her deep experience in pharmaceuticals, biotech, diagnostics, food, and fine chemicals brings powerful insights to clients in formulating or adjusting global IP strategies. Seasoned at drafting and negotiating complex licensing agreements, developing patent prosecution strategies, and guiding patent portfolio architecture, Adda also litigates disputes for clients both in administrative and alternative resolution forums. Clients benefit from Adda’s long-standing expertise in patent extension, including orange book listing, lifecycle strategies and Paragraph IV challenges. Among Adda’s prominent specialties are exculpatory and pre-assertion legal opinions on patents for biomolecules, pharmaceuticals/NMEs, and diagnostics. Adda has represented: AutoImmune, ContraFect, Forest Labs, Institut de Myologie, Novartis, Novozymes, Purdue Frederic, NYU, Recordati, Sandoz, UPM-Kymmene, Zoetis and Sloan Kettering among many others. Published writer and active speaker on IP matters in the US and overseas, Adda holds Chemical Engineering and JD degrees from Cornell University. A world traveler, Adda is used to the road. Even when home, you may find Adda cycling daily to and from her Manhattan office.
どちらも必ずしも真実ではありませ ん。技術の商業化の開始、

プラディープ・ハルダー博士 アドバイザー

アドバイザー

ハルダー博士はエネルギー、医療機器、そし てナノテクノロジー産業における戦略企画、 技術の企業化、市場分析と検証、研究開発、 そして技術管理の幅広い経験を持っていま す。彼はInverters Unlimited Inc.、Earthrise Capital、Interlachen Capital Group、 Magnolia、BESS Tech、Eonix、Glauconix、 Lux Semiconductor、Daisなどの企業に商業 開発や業界パートナーシップの機会について 助言をしました。ハルダー博士はSUNYで起 業家精神、イノベーション、そしてクリーン エネルギープログラムの副社長を務めていま す。SUNYでは複数のテクノロジーや企業の設立を率いていました。 以前はSuperPowerの総支配人およびテクノロジーディレクターを務めていました。彼はノースイースタン大学でマテリアル工学/固体化学の博士号を取得し、レンセラー工科大学でMBAを取得しています。
SUNYでは複数のテクノロジーや企業の 設立を率いていました。 以前はSuperPower の総支配人およびテクノロジーディレクター を務めていました。彼はノースイースタン大 学でマテリアル工学/固体化学の博士号を取得 し、レンセラー工科大学でMBAを取得してい ます。
どちらも必ずしも真実ではありませ ん。技術の商業化の開始、

スティーブン・マークシャイト, アドバイザー

アドバイザー

スティーブンは上海を拠点とするブティック投資銀行であるWilton Partnersのパートナーです。また、CNinsure Inc.、Jinko Solar Inc.、China Ming Yang Wind Group Co. Ltd.、ChinaCast Education Corporationの非常勤取締役も務めています。プリンストン・イン・アジアの評議員でもあります。 スティーブンは1998年から2006年までGE Capitalで働いており、主に買収や直接投資など中国とアジア太平洋で事業開発活動を主導していました。 また、スティーブはChase Manhattan Bank/First National Bank of Chicagoの元で、ロンドン、シカゴ、ニューヨーク、香港、北京で10年間商業銀行家として務めました。スティーブはコロンビア大学でMBAを、ジョンズホプキンスSAISでは国際関係の修士号を、さらにプリンストン大学では東アジア研究の文学士号取得しています。彼は16年以上アジアに住んでいました。母国語の英語に加えて、中国語、日本語、そしてフランス語を話せます。
China Ming Yang Wind Group Co. Ltd.、 ChinaCast Education Corporationの非常勤取 締役も務めています。プリンストン・イン・ アジアの評議員でもあります。 スティーブン は1998年から2006年までGE Capitalで働いて おり、主に買収や直接投資など中国とアジア 太平洋で事業開発活動を主導していました。 また、スティーブはChase Manhattan Bank/First National Bank of Chicagoの元で、 ロンドン、シカゴ、ニューヨーク、香港、北 京で10年間商業銀行家として務めました。ス ティーブはコロンビア大学でMBAを、ジョン ズホプキンスSAISでは国際関係の修士号を、 さらにプリンストン大学では東アジア研究の 文学士号取得しています。彼は16年以上アジ アに住んでいました。母国語の英語に加え て、中国語、日本語、そしてフランス語を話 せます。
どちらも必ずしも真実ではありませ ん。技術の商業化の開始、

アラン・ナイドフ博士, アドバイザー

アドバイザー

ナイドフ博士はライフサイエンスや製薬会社の独立コンサルティング会社であるInnovationAdventure、LLCの創設者です。ナイドフ博士はプリンストン大学の企業エンゲージメントを担当した経験もあり、以前はMerck Sharpe&Dohmeで契約管理の指導者を十五年間務めていました。その他、ないドフ博士はワイドナー大学法学部健康保険法科で法務博士の称号、テンプル大学歯学部で歯科医学の称号、そしてクックカレッジで生物学の学士号を取得しています。ペンシルバニア州医学大学では専門医学実習生として学んでいました。
on the broad transformation of ideas into economic and product realities via transactional excellence. Since launching his consulting practice, Dr. Naidoff has also served as a Corporate Engagement Officer at the Office of the Dean for Research at Princeton University. Before consulting, Dr. Naidoff was the Site Lead and Director of Research Contracts Management at Merck Sharpe & Dohme, where he worked for 15 years in their Departments of External Scientific Affairs and Business Development and Licensing. Dr. Naidoff earned a JD with an emphasis on Health Law from Widener University School of Law, a DMD from Temple University School of Dentistry and a BS in Biology from Cook College – Rutgers University, He also attended a multi-disciplinary two-year hospital residency program combining general dental practice, internal medicine, oral/maxillofacial surgery and pathology at the Medical College of Pennsylvania.
どちらも必ずしも真実ではありませ ん。技術の商業化の開始、

ヘルムート・ラップ博士 , アドバイザー

アドバイザー

ラップ博士はカールスルーエ大学で有機化学の博士号を取得し、IMD/ローザンヌで経営開発プログラムに参加しました。彼は様々な科学的、技術的、そしてマネージメントの業界で働いた経験があります。化学会社のHoechstAG /フランクフルトに勤め、いずれR&Dディレクターとして数年間ムルンド/ボンベイ/インドに委任されました。その後、Fine and Intermediate Chemicalsにディレクターとして務め、Hoechst Groupのグローバルリサーチを担当し、いずれCEOを務めました。現在はフランクフルトにあるAllessaChemieの共同創設者です。ラップ博士は、Uniax、Vaperma、CBriteなどの取締役も務め、バドデラ/インドに本社を置く化学薬品の製造業者であるDeepak Nitrite Ltd.のディレクターです。
ラップ博 士は、Uniax、Vaperma、CBriteなどの取締 役も務め、バドデラ/インドに本社を置く化学 薬品の製造業者であるDeepak Nitrite Ltd.の ディレクターです。
どちらも必ずしも真実ではありませ ん。技術の商業化の開始、
メニューを閉じる